洗濯機の捨て方5選と処分方法ごとの費用!不用品回収業者なら楽チン!

洗濯機の捨て方5選と処分方法ごとの費用!不用品回収業者なら楽チン!

執筆者 : 乙目

悪徳業者と優良業者の見分け方をお伝えします!

投稿日: 2024.03.04更新日 2024.04.18

本記事では、洗濯機の捨て方と処分方法ごとの費用を紹介します。

洗濯機の処分には、多くの場合リサイクル料金と運搬費が必要です。

リサイクル料金についても詳しく説明するので、引越し時や買い替えなどで洗濯機の処分を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

洗濯機の処分には「リサイクル料金」が必要

洗濯機の処分には「リサイクル料金」が必要

洗濯機は、家電リサイクル法(正式には特定家庭用機器再商品化法)の対象製品です。

家電リサイクル法は、対象家電の部品を再資源化することで、ゴミを減らし、有効活用していくための法令です。

再資源化にあたり、洗濯機の処分には「リサイクル料金」がかかります。

製造業者等は、特定家庭用機器廃棄物の引取りを求められたときは、当該特定家庭用機器廃棄物の引取りを求めた者に対し、当該特定家庭用機器廃棄物の再商品化等に必要な行為に関し、料金を請求することができる。

出典:特定家庭用機器再商品化法 第十九条

 

また、家庭から出る自治体が行う粗大ゴミの回収では、リサイクル家電は回収対象外であるため、自治体での処分はできない点に注意しましょう。

洗濯機の処分方法ごとの処分費用

洗濯機の処分には「リサイクル料金」に加え、「運搬費」がかかることが多いです。

なるべく費用をかけたくない方は、処分方法ごとにいくら必要になるのか比較してみましょう。

指定取引所に持ち込む方法が運搬費がかからず安いですが、反面、自分で運ぶ手段も必要です。

不用品回収業者に依頼した場合、回収での処分費用はかかりますが、リサイクル料金や運搬費は無料なのでおすすめ。

洗濯機の処分をする際は、ただ料金が安いというだけで選ばず、かかる時間や労力なども考えて選びましょう。

処分方法をクリックすれば、処分方法ごとの手順やメリット・デメリットが確認できます。

処分方法 リサイクル料金 運搬費 処分費用
不用品回収業者 無料 無料 単品:5,000円
パック:6,800円~
家電リサイクル受付センター 2,530円~3,300円 3,300円 5,830円~6,600円
家電量販店 2,530円~3,300円 550円~2,500円 3,080円~5,800円
指定取引所 2,530円~3,300円 無料(自分で運搬) 2,530円~3,300円
売却・譲渡 無料 無料 無料

洗濯機の処分方法5選

洗濯機の処分方法5選

ここからは、洗濯機の処分方法5選を順に紹介します。

手順、メリット、デメリットを併せて解説するので、時間や労力のバランスを考えて洗濯機の処分方法を選んでください。

1.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に洗濯機の処分を依頼する方法です。

電話やメール1本だけの手続きだけで済むので、時間がなくても簡単に洗濯機が処分できます。

不用品回収業者に洗濯機の処分を依頼すれば、リサイクル料金や運搬費はかからないのも魅力。

中には洗濯機の取り外し工事まで一緒に依頼できる不用品回収業者もあるので、急な引越しなどすぐに処分しなければならないときにも便利です。

さらに、引越し時など大量の不用品回収をまとめて依頼すれば、洗濯機だけでなく、他のリサイクル家電も割安で処分できます

 

〇洗濯機処分までの手順

  1. 電話やメールで連絡する
  2. 見積りをとって納得できれば契約
  3. スタッフが訪問し洗濯機を回収
  4. 支払いをして完了

 

〇メリット

  • 電話・メールだけの簡単な手続きで済む
  • 洗濯機を運び出して回収してくれる
  • 即日処分も可能・希望日時に処分できる
  • 他の不用品も一緒に割安で処分できる

〇デメリット

  • 単品回収だと処分費用がやや割高
  • 信頼できる業者探しが必要

 

洗濯機を処分するのにおすすめの信頼できる不用品回収業者ランキングはこちら!

2.家電リサイクル受付センターに依頼する

洗濯機は自治体では処分できませんが、東京23区に限り「家電リサイクル受付センター」に依頼して処分できます

また横浜市の場合では「横浜家電リサイクル推進協議会」がほぼ同様のサービスを行っており、洗濯機などの家電リサイクル法対象製品の回収を行っています。

通常、自治体での戸別回収では、家庭から出た不用品回収のみを行っており、事業用の不用品回収は行っていません。

しかし、家電リサイクル受付センターでは、事業用のリサイクル家電にも対応しているのが特徴です。

 

〇洗濯機処分までの手順

  1. 洗濯機のメーカーを確認する
  2. ネット or 電話で申し込みをする
  3. 収集時間までに指定場所に運び出しておく
  4. リサイクル料金と運搬費を現金で支払う

洗濯機の回収時に立ち会いのもと、支払いが必要です。

支払い方法は現金のみなので、事前に準備しておきましょう。

 

〇 メリット

  • 自宅に洗濯機を引き取りに来てもらえる
  • 運営組織が大規模なので安心できる

〇デメリット

  • 自分で運び出しをしなければならない
  • 回収日時は自由に選べない
  • 処分費用はやや高め

3.家電量販店の引取りサービスを利用する

家電量販店の引取りサービスを利用すれば、自宅に洗濯機を引取りにきてもらえるので便利です。

ただし、自宅に引取りに来てもらう場合は運搬費がかかるのが難点

また、新規で購入した場合と引取りのみを依頼した場合では、運搬費や手数料などが異なるので注意が必要です。

リサイクル料金(2,530円~3,300円)は、洗濯機のメーカーにより変動します。

店舗によって引取り条件や運搬費も異なるため事前に確認してください。

各家電量販店ごとの運搬費の目安と条件などは以下の通りです。

店舗名 運搬費 条件など
ヨドバシカメラ 新規購入時:550円
引取りのみ:2,750円
購入商品と同品目・同数・配送同日・同住所
ヤマダ電機 新規購入時:2,500円
引取りのみ:運搬費+2,750円
購入商品と同数・配送同日・同住所
ケーズデンキ 新規購入時:2,200円(3,300円)
引取りのみ:運搬費+3,300円
・購入商品でない場合:3,300円
エディオン 新規購入時:1,650円
引取りのみ:2,750円(3,850円)
・購入商品と同数・同住所
・購入商品でない場合:3,850円

〇 メリット

  • 新しい家電到着と同時に処分できる
  • 他の処分方法に比べ費用が安め
  • 訪問なら運び出してもらえる

〇デメリット

  • 引取りのみだと処分費用がやや高い
  • 持ち込みだと運搬手段が必要
  • 持ち込みだと自分で運ばなければならない
  • 希望日時に処分は難しい

4.指定引取場所に持ち込む

各自治体には、家電リサイクル対象品目を持ち込み処分できる指定引取場所があります。

持ち込みの手段があれば、壊れた洗濯機でもリサイクル料金のみで処分できるため、もっとも安い処分方法だといえるでしょう。

しかし、持ち込みまでの運搬は自分でする必要がある点と事前の支払いが必要な点に注意が必要です。

 

〇洗濯機処分までの手順

  1. 洗濯機のメーカーを確認する
  2. 郵便局で家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)を受け取る
  3. 家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)に記入する
  4. 郵便局窓口でリサイクル料金を支払う
  5. 指定引取場所に持ち込む

指定引取場所へは、処分する洗濯機と支払い済みの家電リサイクル券のつづり一式も持って行きましょう。

 

〇 メリット

  • リサイクル料金のみなので安く処分できる
  • 営業時間内ならいつでも持ち込み可能

〇デメリット

  • 持ち込みの運搬手段が必要
  • 自分で運ばなければならない
  • 手続き・手順が複雑

5.売る・譲渡する

まだ使える洗濯機は、売ったり譲ったりすれば無料で処分できます。

売るための手段としては、リサイクルショップのほか、メルカリやYahooフリマなどのフリマアプリもあります。

製造から5年以内の新しい洗濯機なら高額で売れることも。

しかし、壊れた洗濯機は売れるのぞみはほぼありません。

古くてもまだ使える洗濯機は、ジモティで譲渡すれば、無料で処分できる可能性はあります。

 

〇洗濯機処分までの手順

フリマアプリでの洗濯機処分の方法は以下です。

  1. メーカーやサイズなどを確認する
  2. 写真を撮影し詳細を書いて出品する
  3. 購入されたら配送する

フリマアプリによって、取引完了までのやり取りの独自ルールや配送方法なども異なります。

事前に登録作業も必要なので、スマホの操作に慣れてない人にはおすすめできません

 

〇 メリット

  • 無料で処分できる
  • 売れれば収入になる

〇デメリット

  • 売れない・譲渡できない場合もある
  • いつ処分できるか見通しが立たない
  • 操作に慣れてない人には不向き

洗濯機の不用品回収・処分前に「水抜き」が必要

洗濯機の不用品回収・処分前に「水抜き」が必要

洗濯機内部には水が入っていることがあるため、処分前には「水抜き」が必要です。

水抜きにかかる時間は、10分~20分程度

洗濯をしなければならない場合は、前日までに済ませておきましょう。

処分する当日でも間に合いますが、余裕を持って準備するのがおすすめ。

前日洗濯をしたのであれば、その後に水抜きをしておくのがベストです。

給水ホースの水抜き方法

  1. 蛇口を閉める
  2. ドライコースで10分空回しする
  3. 洗濯機の電源を切る
  4. 給水ホース内の水を出す

排水ホースの水抜き方法

  1. 脱水コースで洗濯機内の水分をとばす
  2. 洗濯機内の水気を拭き取る
  3. 本体を傾けて内部の水を抜く
  4. 排水ホース内の水を出す

回収モンスターなら洗濯機の処分も格安・楽々!

回収モンスターなら洗濯機の処分も格安・楽々!
洗濯機の処分をお考えの方は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

なかでも「回収モンスター」が洗濯機の処分にはベスト。

回収モンスターの定額パックは、6,800円からの激安価格で利用できます。

洗濯機などのリサイクル家電はもちろん、そのほかの不用品もお得にまとめて処分可能です。

定額パックには、基本料金、回収料金、梱包費などもコミコミです。

階段料金も2階までは無料で対応しています。

すぐに洗濯機を処分したいときでも、早朝や夜間にも回収に来てくれるので便利です。

洗濯機の運び出しもすべてスタッフにお任せできるので、楽に安全に処分できます。

引越し前の片付けや大量の不用品回収にも格安で対応できます。

洗濯機の処分をご希望の方は、ぜひ「回収モンスター」にご相談ください。

回収モンスターへの無料お見積りはこちら!

FAQ 洗濯機の不用品回収・処分に関するよくある質問3選

粗大ゴミは自治体よりも 不用品回収業者に依頼した方が良い時もあります

おすすめの不用品回収業者を見る

粗大ゴミのご相談は回収モンスターへ

本文終わり訴求

『回収MONSTER』は、片付け代行業者の中でも高い評価を得ている業者です!
これまでに以下のランキングで1位を獲得するほどの実力を持っています!

なんでも回収!全ておまかせください

お急ぎの方はまずお電話を

なんでも回収!全ておまかせください

電話口で地域と回収のご依頼内容をお伝えください 

電話口で地域と回収のご依頼内容をお伝えください 

0120-756-160
受付時間 8:00〜22:00 年中無休

受付時間

8:00〜22:00年中無休

お支払い方法(相見積もり・領収書対応)現金払い、後払い(銀行振込)、各種クレジットカード

なんでも回収!
すべてお任せください!

お急ぎの方はまずお電話を

電話口で
地域と回収品目をお伝えください

0120-267-045 地域と回収品目をお伝えください
受付時間 8:00~21:00 年中無休

受付時間

8:00〜21:00 年中無休

お支払い方法

現金・銀行振込(後払い)・
各種クレジットカード

現金・銀行振込(後払い)
・各種クレジットカード

不用品回収モンスター
スタッフ待機中!お悩み解決!お問い合わせください! スタッフ待機中!気軽にお問合せください!

受付時間

8:00〜21:00 年中無休

お支払い方法

現金・銀行振込(後払い)・
各種クレジットカード