冷蔵庫の処分方法6選!楽に処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

冷蔵庫の処分方法6選!楽に処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

執筆者 : 水口

投稿日: 2024.03.06更新日 2024.03.06

本記事は以下の悩みを抱える方におすすめです。

  • 冷蔵庫の処分方法を知りたい
  • どこで冷蔵庫を処分したらいいかわからない
  • 家電リサイクル法がよくわからない

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電のため、法律に基づいた適切な処分が必要です。粗大ゴミのように処分できないうえ、処分を依頼する先を間違えると不法投棄を助長してしまう可能性もあるため注意しなくてはなりません。

本記事では、家電リサイクル法の概要とともに、冷蔵庫の処分方法6選を紹介しています。冷蔵庫の処分に困っている方は、ぜひ本記事を参考に適切に冷蔵庫を処分しましょう。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電なので、家電リサイクル法に基づいた方法で処分する必要があります。

家電リサイクル法とは?

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

引用元:経済産業省

家電リサイクル法の対象家電を処分する際は、家電リサイクル券を記入し、各品目に定められた家電リサイクル料金と回収にかかる運搬料を支払う必要があります。

家電リサイクル料金(冷蔵庫の場合)の目安:3,740円〜4,730円

リサイクル法に基づいた処分方法の手順は以下の通りです。

  1. 買い替えるか処分するか決める
  2. どこに依頼するか決める
  3. 家電リサイクル券を記入し、処分料金を支払う
  4. 回収してもらう

家電リサイクル法の対象家電である冷蔵庫の適切な処分方法を把握したところで、次は処分の方法を紹介していきます。

冷蔵庫の処分方法6選

冷蔵庫の処分方法6選

ここでは、冷蔵庫の処分方法を6つ紹介します。

  • 新しい冷蔵庫を買う店舗で回収してもらう
  • 購入した店舗で回収してもらう
  • 自治体で回収してもらう
  • リサイクルショップで回収してもらう
  • フリーマーケットで販売する
  • 不用品回収業者に回収してもらう

1.新しい冷蔵庫を買う店舗で回収してもらう

冷蔵庫を買い替える場合は、新しい冷蔵庫を買う店舗で回収してもらいましょう。基本的には新しい冷蔵庫を買わないと引き取ってくれないので、買い替えの際にのみ利用できる処分方法です。自分で運び出す必要がないほか、買い替えと処分を一気にできるメリットがあります。

家電リサイクル料金のほかに、収集運搬料金がかかります。収集運搬料金は、冷蔵庫を引き取った家電量販店が家電リサイクル法に基づく指定取引所へ運搬するための料金です。料金の詳細は、各家電量販店により異なります。

コジマ 1,650円(税込)
ヤマダ電機 2,750円(税込)
(佐川急便での宅配お届けの場合+2,750円(税込)
エディオン 1,100円〜2,750円(税込)
ケーズデンキ 2,200円(税込)
(宅配お届けの場合+3,300円(税込)〜)

主要な家電量販店の収集運搬料金は上記の通りです。冷蔵庫の家電リサイクル料金と合算すると、5〜6,000円が相場だとわかります。

2.購入した店舗で回収してもらう

買い替えでなくても、冷蔵庫を購入した店舗でも回収してもらえる場合があります。買い替え同様、自分で運び出す必要がない点がメリットです。

基本的な手順は買い替えのときと同じですが、買い替えと比較すると収集運搬料金が少し高くなる点は把握しておきましょう。

3.自治体で回収してもらう

「冷蔵庫の買い替えでもない」「元の購入店舗がわからない」ときは、お住まいの地域の自治体でも冷蔵庫の回収してもらいましょう。

  • 自治体が販売店に変わり引き取ってくれる
  • 自治体が提携している業者を紹介してもらう
  • 自分で直接指定取引所に持ち込む

自治体での回収は上記の3パターンです。

自治体が販売店に変わり引き取ってくれる場合、粗大ゴミと同じ様に回収に来てくれるケースや、粗大ゴミ受け付けセンターに持ち込まないといけないケースなどさまざまです。各自治体により対応が異なるので、事前に確認しましょう。

提携している業者を紹介されたら、インターネットか電話で回収の依頼を予約して、回収してもらいます。お住まいの地域により、提携している業者は異なるので、こちらも事前の確認が必要です。

自分で直接、指定取引所に持ち込みもできます。この場合、収集運搬料金が不要になるので、かかる費用を抑えられるのがメリットです。

4.リサイクルショップで回収してもらう

リサイクルショップで回収してもらう方法もあります。新しい冷蔵庫や人気のモデルなら、値段がついて換金できる可能性がある点がメリットです。また、再利用される形になるので、家電リサイクル法を考慮せず処分できます。

  • 出張買取
  • 持ち込み

リサイクルショップで冷蔵庫を処分するなら、上記の2パターンです。

出張買取なら、自宅まで来てくれるので、持ち出す必要がありません。冷蔵庫はサイズも大きく、重量もある物なので、積極的に利用するのがおすすめです。

なお、出張買取に応じてくれるかどうかは、回収を依頼するリサイクルショップにより異なるので、事前に確認しましょう。

5.フリーマーケットで販売する

フリーマーケットで販売する方法もあります。リサイクルショップでの処分同様、換金できますが、「値段がつかない=売れない」なので、基本的には売れれば確実に換金できる点が大きなメリットです。

対して、梱包から発送準備まで自分でやらないといけない点や、個人間の取引なのでトラブルに発展する可能性がある点はデメリットといえます。

最近は、スマホのフリマアプリも知名度が高く利用者が多いため、自分で梱包から発送作業をするのが面倒ではなく、確実に換金したい方におすすめの処分方法です。

6.不用品回収業者に回収してもらう

引越しや家具・家電の一斉買い替えなどに伴い、冷蔵庫のほかにもたくさん不用品があるときは、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

家電リサイクル法に特別な料金がかかる影響で、冷蔵庫はひとつ処分するだけでも5〜6,000円かかりますが、不用品回収業者にはパック料金があるので、パック料金内に冷蔵庫を含めた不用品が収まれば、数千円台での処分が可能です。

例えば当サイト「回収モンスター」では、以下の様に料金を設定しています。

パック名 トラックタイプ 間取り 目安 荷物の種類 価格
SSパック 軽トラック 1K 1.5㎥ 少々の荷物 6,800円〜
Sパック 1tトラック 1DK 2㎥ 小型の家具家電 9,800円〜
Mパック 1.5tトラック 1LDK 3㎥ 大型の家具家電 21,800円〜
Lパック 2tトラック平 2DK 5㎥ 家族の不用品 29,800円〜
LLパック 2tトラック箱 2LDK 10㎥ 引越し時の不用品 42,800円〜
3Lパック 4tトラック 3LDK〜 20㎥ 倉庫の大量処分 58,800円〜

通常サイズの冷蔵庫ならSパックで回収できる可能性があるため、9,800円から処分可能です。そのため、不用品回収業者の利用は、大量に不用品があり、且つ費用を抑えて処分したい方におすすめの手段といえるでしょう。

【優良】おすすめの不用品回収業者ランキングTOP7!選び方も解説

不用品回収業者に冷蔵庫の回収を依頼するメリット3つ

不用品回収業者に冷蔵庫の回収を依頼するメリット3つ

不用品回収業者に冷蔵庫処分を依頼するメリットを3つ紹介します。

  • 家電リサイクル法を考慮しなくていい
  • 自宅から持ち出さなくていい
  • その日のうちに片付けられる

1.家電リサイクル法を考慮しなくていい

不用品回収業者に冷蔵庫の処分を依頼する際は、不用品回収業者が家電リサイクル法に基づいて適正に処理してくれます。家電リサイクル券の記入も不要なので、面倒な作業は丸投げできる点がメリットです。

なお、業者選びの際には家電リサイクル法に基づいた処理を行ってくれる業者を選びましょう。

2.自宅から持ち出さなくていい

不用品回収業者に依頼すれば、自宅まで回収に来てくれるので、自分で重い冷蔵庫を持ち出す必要がありません。階段を登らなくてはいけない場所に冷蔵庫があっても、熟練のスタッフが安全に運び出してくれます。

3.その日のうちに片付けられる

即日処分できるのも大きなメリットです。不用品回収業者では、即日回収に対応しているところも多く、時間の都合が合えばすぐに冷蔵庫を片付けられます。

不用品回収業者に安く依頼したいなら相見積もりがおすすめ

不用品回収業者に安く依頼したいなら相見積もりがおすすめ

不用品回収業者を利用すれば、不用品処分の費用を抑えられるケースもありますが、大量の不用品があればやはり金額が高くなるのは避けられません。当然、可能な限り費用を抑えたい方は多いでしょう。

不用品回収業者に少しでも安く依頼したいなら、相見積もりがおすすめです。複数者から見積もりをもらうことで、どの業者に依頼するのが一番費用を抑えられるかがわかります。

優良業者は、出張見積もり無料で、見積もり後のキャンセルも受け付けているところが多いです。そうした業者の中からピックアップし、費用を比較しましょう。

【2023年版】不用品回収の料金相場を解説!安く抑えるコツも紹介

不用品回収業者を選ぶときの3つの注意点

不用品回収業者を選ぶときの3つの注意点

世の中には多くの不用品回収業者が存在しますが、選び方を間違えるとトラブルに巻き込まれてしまいます。そこでここでは、不用品回収業者を選ぶときの注意点を3つ解説するので、参考にしてください。

  • 無料回収の業者を選ばない
  • 見積もりをくれない業者は避ける
  • 口コミや実績を確認する

1.無料回収の業者を選ばない

「無料回収」を謳う業者を選んではいけません。無料で回収すると宣伝してくる不用品回収業者は、ぼったくり業者である場合が多いばかりか、回収した不用品を違法な方法で処分している可能性が高いです。

  • 空き地でゴミを回収している
  • 紙の広告チラシをポストに入れてくる
  • スピーカーで音声を流してトラックで巡回している

無料回収のほかに、上記の特徴に当てはまる業者は悪質な業者である可能性が高いので、絶対に依頼しないようにしましょう。

無料の不用品回収業者は詐欺!危険な理由や対処法も解説

2.見積もりをくれない業者は避ける

見積もりをくれない業者は避けましょう。見積もりをくれない業者は、作業後に口頭で適当に値段を決めて請求してくる場合があり、そのほとんどが不当な高額請求です

見積もりをもらっていないと、「事前に聞いていた金額と違う」など反論もできないので、必ず見積もりをくれるかどうか確認しましょう。

3.口コミや実績を確認する

優良業者かどうかは口コミや実績で確認できます。インターネットが発達した現代では、業者名を検索すれば口コミや実績を確認できるので、評価の良し悪しで優良業者かどうかを見極められるのです。

口コミを確認する際は、評価の高さとともに評価の総数にも着目しましょう。評価数が多いにも関わらず高い評価を維持している業者は、優良業者と判断できます。

冷蔵庫の回収は回収モンスターにお任せ!

回収モンスター

冷蔵庫の処分は家電リサイクル法に基づいて適切に行う必要があります。通常の粗大ゴミとは違う手間や費用がかかるので、そうした面倒を避けたい方は不用品回収業者を利用してみましょう。

回収モンスターでは、最安6,800円から不用品の回収を受け付けています。年中無休で営業しているので、業者選びに迷っている方は、お気軽にお問い合わせください。

>>回収モンスターに冷蔵庫の処分を無料で相談してみる

FAQ 冷蔵庫の不用品回収に関してよくあるFAQ3選

粗大ゴミは自治体よりも 不用品回収業者に依頼した方が良い時もあります

おすすめの不用品回収業者を見る

粗大ゴミのご相談は回収モンスターへ

本文終わり訴求

『回収MONSTER』は、片付け代行業者の中でも高い評価を得ている業者です!
これまでに以下のランキングで1位を獲得するほどの実力を持っています!

なんでも回収!全ておまかせください

お急ぎの方はまずお電話を

なんでも回収!全ておまかせください

電話口で地域と回収のご依頼内容をお伝えください 

電話口で地域と回収のご依頼内容をお伝えください 

0120-756-160
受付時間 8:00〜22:00 年中無休

受付時間

8:00〜22:00年中無休

お支払い方法(相見積もり・領収書対応)現金払い、後払い(銀行振込)、各種クレジットカード

なんでも回収!
すべてお任せください!

お急ぎの方はまずお電話を

電話口で
地域と回収品目をお伝えください

0120-267-045 地域と回収品目をお伝えください
受付時間 8:00~21:00 年中無休

受付時間

8:00〜21:00 年中無休

お支払い方法

現金・銀行振込(後払い)・
各種クレジットカード

現金・銀行振込(後払い)
・各種クレジットカード

不用品回収モンスター
スタッフ待機中!お悩み解決!お問い合わせください! スタッフ待機中!気軽にお問合せください!

受付時間

8:00〜21:00 年中無休

お支払い方法

現金・銀行振込(後払い)・
各種クレジットカード